びっくりドンキーの支払い方法 – クレカOK!PayPayやSuicaは使える?

※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

今回は、びっくりドンキーの現金以外の支払い方法、ポイントのため方などについて解説します。
お得に利用して、びっくりドンキーをさらにおいしくいただきましょう。

スポンサーリンク

びっくりドンキーについて

びっくりドンキーは株式会社アレフが全国展開するハンバーグレストランです。

  • 日本では1980年に北海道 西野で1号店をオープン
  • 全国に347店舗を展開(2022年12月時点)
  • モットーは創業時から変わらぬ『お客様の喜ぶ顔が見たい』という思い。
  • 人気メニューはチーズバーグディッシュ

びっくりドンキーの支払い方法

びっくりドンキーでは様々な支払方法に対応していて、ほとんどの人が現金がなくても利用できます

  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • ブランドプリペイド
  • NFC決済
  • QRコード決済
  • 商品券・ギフトカード

それぞれの種類ごとに使えるサービスをご紹介します。

電子マネー

びっくりドンキーでは、以下の電子マネーが利用できます。
多くの直営店では対応していますが、各店舗ごとで異なるので要確認

利用できる電子マネー
  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay

交通系電子マネー

びっくりドンキーでは、以下の交通系電子マネーが利用できます。
(各店舗ごとで対応が異なります。)

利用できる交通系電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • manaca
  • SUGOCA
  • TOICA
  • nimoca
  • kitaca
  • ICOCA
  • はやかけん

クレジットカード

びっくりドンキーでは、以下のクレジットカードが利用できます。
(*直営店では確実にクレジットカードが利用可能。)

利用できるクレジットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Dinners

ブランドプリペイド

びっくりドンキーでは以下のブランドプリペイドが利用できます。

利用できるブランドプリペイド
  • au PAYプリペイドカード
  • ソフトバンクカード
  • dカードプリペイド

NFC決済(タッチ決済)

びっくりドンキーでは、以下のバーコード決済が利用できます。
(各店舗によって対応が異なります。)

利用できるNFC決済
  • Visaのタッチ決済
  • Mastercardコンタクトレス
  • JCB Contactless
  • American Express Contactless

QRコード決済(バーコード決済)

びっくりドンキーでは、PayPayが利用できます。
(一部店舗で利用できない場合があるので要注意)

※そのほかのQRコードは使えないんですか?

商品券・ギフトカード

利用できません。
外食チェーン店で使えることが多いJCBギフトカード、ジェフグルメカードも利用できません。

ビックドンキーで貯まりやすいポイント

びっくりドンキーでは公式アプリのスタンプが貯まります。

貯めるとクーポンと交換できます。

びっくりドンキーで使えるクーポン

びっくりドンキークーポンは公式アプリで手に入ります。スタンプカードを貯めるとクーポンがもらえます

びっくりドンキーの支払い方法まとめ

びっくりドンキーの支払い方法をまとめます。

電子マネー 
  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay
 交通系電子マネー 
  • Suica
  • PASMO
  • manaca
  • SUGOCA
  • TOICA
  • nimoca
  • kitaca
  • ICOCA
  • はやかけん
クレジットカード 
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Dinners
ブランドプリペイド 
  • au PAYプリペイドカード
  • ソフトバンクカード
  • dカードプリペイド
NFC決済(タッチ決済)
  • Visaのタッチ決済
  • Mastercardコンタクトレス
  • JCB Contactless
  • American Express Contactless
  QRコード決済 (バーコード決済) PayPay
商品券・ギフトカード 利用不可
    貯まりやすいポイント 公式アプリのスタンプ
クーポン スタンプが貯まったら交換

びっくりドンキーでは、まだ全店舗でキャッシュレス対応している訳ではありませんが、多くの店舗ではクレジットカードが利用できるようになりました。

交通系電子マネーはほぼ利用できるのでほぼ現金がなくても食事ができると言えます。

ご家族で行く方はスタンプを貯めてクーポンを利用すれば更に支払いが安くなります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました