【今日だけ】日替わりで安くなってるモノ一覧〜Amazonセール〜

チーたら食べると太る?カロリーや糖質はどのくらい?

※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります

チータラは、子供から大人まで幅広い世代に愛される、チーズと魚のすり身を組み合わせたロングセラーおつまみです。しかし、その美味しさの裏側には、カロリーや糖質、塩分などの気になる栄養成分が隠されています。

チータラってなに?

チータラは、チーズと魚のすり身をシート状にしたおつまみです。チーズは主にチェダーチーズが使われており、魚のすり身はたらやほっけなどが一般的です。

チータラの起源は1982年。当時、なとり株式会社の初代社長が考案し、発売以来ロングセラー商品として愛され続けています。

チータラの魅力は、なんといってもその手軽さ美味しさです。個包装なので持ち運びやすく、どこでも気軽に楽しむことができます。また、チーズと魚のすり身の絶妙な組み合わせは、一度食べたら止まらなくなる美味しさです。

近年では、定番の棒状タイプ以外にも、正方形型や一口サイズなど、様々な形状のチータラが発売されています。また、チーズの種類もチェダーチーズ以外にもブルーチーズやカマンベールチーズなど、様々なバリエーションが登場しています。

スポンサーリンク

チータラのカロリー

チータラのカロリーは、100gあたり約399kcalです。これは、ファミチキ280kcalフライドポテト303kcalと比べると、高カロリーな部類に入ります。

しかし、他のチーズを使ったおつまみと比べると、カロリーはそこまで高くありません。例えば、プロセスチーズの100gあたりは377kcal、ピザ用チーズの100gあたりは362kcalです。

チータラの糖質、脂質

チータラの糖質は、100gあたり約13.7gです。これは、柿ピーの100gあたり約65gやポテトチップス(ピザポテト)の100gあたり約55gと比べると、低糖質な部類に入ります。

一方、脂質は100gあたり約21.7gと、高脂質な部類に入ります。これは、柿ピーの100gあたり約17.4gやポテトチップス(ピザポテト)の100gあたり約34.4gと比べると、脂質が高いと言えます。

スポンサーリンク

チータラは太りやすい?ダイエット中でもOK?

チータラは、カロリーや脂質が高いので、食べすぎには注意が必要です。特に、ダイエット中の方は、食べ過ぎると太ってしまう可能性があります。

しかし、チータラは糖質が低糖質なので、糖質制限ダイエットをしている方にはおすすめの食材と言えるでしょう。また、チーズはカルシウムやタンパク質が豊富なので、栄養補給にもなります。

チータラをダイエット中に食べる場合は、1回あたりの量を50g程度に抑えるのがおすすめです。また、野菜や果物と一緒に食べることで、栄養バランスを整えることができます。

まとめ

チータラは、カロリーや脂質が高いので、食べすぎには注意が必要ですが、糖質が低糖質なので、糖質制限ダイエットをしている方にはおすすめの食材と言えるでしょう。また、チーズはカルシウムやタンパク質が豊富なので、栄養補給にもなります。

チータラを美味しく食べながら、健康的な食生活を送るために、以下の点に注意しましょう。

  • 食べすぎに注意する
  • 野菜や果物と一緒に食べる
  • 栄養バランスを意識する

チータラは、食べ方次第でダイエットにも活用できる便利な食材です。ぜひ、上手に活用して、チータラライフを楽しみましょう!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました