スタバのシロップ全種一挙紹介!カロリー、購入法をまとめて解説

※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります
カフェ

スターバックスで自分好みのカスタマイズがしたい!

友人からもらったチケットをうまく使いたい!

でも、

  • そもそもシロップって何がある? 
  • どのドリンクにどのシロップがあう?
  • 店員さんにはなんて言ったらいい?

今回は現役PTRがシロップについて徹底解説していきます!

シロップを知ればドリンクの幅は格段にアップ!

より一層スターバックスを楽しめるようになりますよ。

スポンサーリンク

【スタバのシロップ】全9種類の味わい・カロリー・購入方法

スタバのシロップは全部で9種類!(※終売の物も含む)

ますはそれぞれのシロップについて

  • 味わい
  • カロリー
  • 購入方法

をおすすめのカスタマイズを絡めてご紹介していきます♡

バニラシロップ(19kcal/1ポンプ)

バニラの風味がふわっと香る定番シロップ。

カロリーは1ポンプ19kcal!

トールサイズだとほとんどのドリンクには2ポンプ分が使われているので約40kcalくらいになります。

抹茶フラペチーノやキャラメルマキアートに使われていますが、バニララテと注文されることもあるほど、スターバックスラテとの相性は抜群です◎

バニラシロップはスターバックス公式HPや店舗でも購入することが可能です。

キャラメルシロップ(19kcal/1ポンプ)

濃厚で香ばしい風味が味わえる定番シロップ。

基本的にはキャラメル系のドリンクに使われるシロップですが、もちろん他のドリンクにカスタマイズすることも可能です。

キャラメルシロップのカロリーもバニラシロップ同様の1ポンプ19kcal!

キャラメル好きな方には、相性抜群のキャラメルソースとのカスタマイズがオススメ。

キャラメルシロップはスターバックスの公式HPや店舗でも購入することが可能です。

アーモンドトフィーシロップ(22kcal/1ポンプ)

※現在店舗でのカスタマイズは行っていません

アーモンドの香ばしさがしっかり感じられるちょっと大人なシロップ♡

ヘーゼルナッツシロップと入れ替わりで登場したアーモンドシロップ。アーモンドトフィーとは、バターを使用する焼き菓子にキャンディコーティングし、アーモンドを重ねたお菓子のことです。バターの風味もナッツの香ばしさも感じれるコクの強さが特徴です。復活の声が多くある大人気シロップです。

現在店舗でカスタマイズでの提供はできなくなっていますが、アーモンドトフィーシロップはスターバックス公式HPや店舗でも購入できます。

モカシロップ(50kcal/1ポンプ)

甘さだけでなく少しビターさがある濃厚チョコレートシロップ。

ココアやカフェモカに使用されていますが、チョコレートソースとして無料で上からトッピングすることも可能です!

オススメはダークモカチップフラペチーノにモカシロップを追加するカスタマイズ。超濃厚ココアのようなチョコレート感たっぷりのドリンクを楽しめます。

カロリーは50kcal!ココアやカフェモカのトールサイズには3ポンプ使われるので、約150kcak。贅沢シロップです。

モカシロップはスターバックスでの販売はしていません。代わりに使用をオススメするのがトラーニのチョコレートモカソースです◎

ホワイトモカシロップ(50kcal/1ポンプ)

甘くて濃厚な甘さが一際目立つ大人気ホワイトチョコレートのシロップ。

ホワイトモカやエスプレッソアフォガートフラペチーノに使われています。また、最近では期間限定のドリンクに使われることも!シロップの中ではダントツに甘く、どんなドリンクに合わせてもリッチなミルキーさを楽しませてくれます。

ホワイトモカシロップも50kcal/1ポンプ。おすすめは、ほうじ茶ティーラテや抹茶ティーラテのホワイトモカシロップ変更カスタマイズ。少し苦味を持つドリンクと合わせると複雑な味わいが生まれ相性抜群です♡

ホワイトモカシロップはスターバックスでの販売はしていません。代わりに使用をおすすめするのがこちらもトラーニのホワイトチョコレートソース。

スポンサーリンク

チャイシロップ(102kcal/トールサイズに含まれる量)

シナモンやナツメグ甘みの強いスパイス感たっぷりのシロップ。

チャイティーラテに使用されています。甘みも強く、しっかりとスパイス感も感じられる存在感たっぷりのシロップです。

実はフラペチーノにカスタマイズすることも可能!

おすすめはバニラクリームフラペチーノのチャイシロップ変更、ハチミツとシナモンパウダー追加のカスタマイズ。

まるでチャイティーラテをフラペチーノにしたような夏にぴったりのドリンクです。

チャイシロップはポンプでの追加をしていないため、トールサイズで約102kcalです。甘みの強いシロップなので、少し少なめにして、上からハチミツやシナモンパウダーをかけても美味しいですよ♡

チャイシロップはスターバックスとしての販売はありません。しかし、スターバックスはTAZOというメーカーが販売しているシロップを使用しており、こちらは一部サイトで購入可能です。

バレンシアシロップ(夏季限定)20kcal/1ポンプ

※現在店舗でのカスタマイズは行っていません

オレンジなどの柑橘系のスッキリさをプラスしてくれる夏にぴったり爽やかシロップ。

バレンシアとは、バレンシアオレンジというオレンジの品種からきています。とってもジューシーなシロップで、アイスコーヒーなどと相性ばっちりです。

バレンシアシロップはスターバックス公式HPや店舗で購入することも可能です。例年4月ごろから販売が始まります!

 

ジンジャーシロップ(冬季限定)21kcal/1ポンプ

ジンジャーのスパイシーさと甘味がクセになる、アメリカのホリデーを感じれるシロップ。

ホリデーシーズンに現れるファンの多いこのジンジャーシロップ!アメリカではクリスマス前にジンジャーブレットを焼くのが定番中の定番♡そんなクリスマスのワクワク感が詰め込まれたシロップです。

11月ごろになると、このジンジャーシロップを使ったジンジャーブレットラテが始まります。

その期間はこのジンジャーシロップが他のドリンクにもカスタマイズ可能に。

ゆずシトラス&ティーのホットへ追加がおすすめ。

ほっこり温まる冬にぴったりのドリンクになります。

ジンジャーブレットはスターバックス公式での販売はありませんが代用するならMONINのジンジャーシロップがおすすめです。

スポンサーリンク

クラシックシロップ(21kcal/1ポンプ)

別名シンプルシロップと呼ばれる基本的な甘さを加える超基本的シロップ

アールグレイティーラテ以外の全てのティーラテにはこのクラシックシロップが使用されています。茶葉のフレーバーを邪魔することなく、甘みを加えてくれるシンプルなシロップ。

パッションティーへの追加もおすすめです

クラシックシロップはスターバックス公式や店舗で販売がありません。ガムシロップなどで代用可能です。

スポンサーリンク

スタバのシロップのカスタマイズについて

追加:+55円(店内飲食時)

種類の変更:基本的に無料

量の変更(多め・少なめ・抜き):無料

元々シロップが使われているドリンクであれば、変更でカスタマイズできるので無料。シロップが本来は使われていないドリンクだと、1種類追加するごとに55円がかかります!

 

スタバでシロップの注文方法

サイズとドリンクを伝えてから、変更(または追加)したいシロップを店員さんにお伝えください。

多め、少なめなどもこの時に注文するのがおすすめです!

店員さんのおすすめカスタマイズを聞くのも楽しいですよ。

あなたがとびきりお気に入りの1杯に出会えますように。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました