スターバックスのサイズ比較!容量・値段・カロリーを徹底比較!お得な選択はどれだ!?

※記事内に広告を含む場合があります
※記事内に広告を含む場合があります
カフェ

 

スターバックスのドリンクのサイズって聞きなれない、、

何がどれくらいのサイズ感なんだろう、、

ただでさえカタカナの多いスターバックス。聞きなれない言葉も多いですよね。

それぞれ量や値段、カロリーはどのくらい変わるのでしょうか?

今回はこのようなサイズに関する疑問を分かりやすく解説しています!

スポンサーリンク

スタバのサイズの呼び名(名前)と容量

現在、日本のスタバのドリンクのサイズは全部で4段階に展開されています。私たちに聞きなじみのある「スモール、レギュラー」や「S・M・L」ではなく、次の4つのサイズ名が存在します。容量の小さな順から、

  • ショート(Short)240ml
  • トール(Tall)350ml
  • グランデ(Grande)470ml
  • ベンティ(Venti)590ml

mlだとあまりイメージがわかないので、それぞれのサイズを目安となる量と比較しながら見ていこうと思います。

ショート

日本で一番容量が少ないのがショートサイズと呼ばれるサイズです。(約240ml) コンビニで販売されるSサイズのコーヒーや、昔ながらの喫茶店で提供されるマグカップの容量は約170ml程度なので、スタバのショートサイズの方がより多く入っています。

味を試してみたいときや、隙間での休憩などにショート(Short)サイズの注文がおすすめです。

このショートサイズは、ドリンクの種類によっては無かったり、提供ができてもメニューシートに記載がない場合もあります。特に、「期間限定」のフラペチーノではトールサイズのみのことが多いです。

もしも、メニューシートを見ても記載がない場合は、店舗のパートナー(店員さん)に聞いてみましょう。

フラペチーノや一部の限られたドリンクに使われるプラスチックカップの場合は

容量が240mlではなく、約300mlになります。

トール

日本での基本的なサイズです。メニューシートには、容量順でなく一番先頭にトールサイズの値段が記載されています。一番注文の多いサイズだそう。

個人的にも多すぎず、少なすぎず、ちょうどいい量だと感じます。サイズを迷ったはとりあえずこのトールサイズを注文するのがおススメです。

 グランデ

一般的なペットボトルよりとほぼ同じ容量です。約470mlでショートサイズと比較すると2倍程!暑い日にゴクゴク飲んだり、長時間滞在する日にはピッタリのサイズです。

また、グランデとはイタリア語で「大きい」という意味を持っています。

ベンティ

日本のスタバで一番大きいのがこのベンティサイズで、容量はなんと590ml。一般的なのペットボトルよりも大きいので、一目で大きいと感じるサイズ感です。インパクトがあります(笑)!

ベンティサイkズのドリンクは、2人分け合ったり、ごくごく飲めるずっきりしたドリンクにおすすめのサイズです。

ちなみに、ベンティとはイタリア語で「20」という意味。20オンス(1オンスは約30ml)のサイズなのでこのサイズ名で呼ばれています

スポンサーリンク

サイズと価格

次は値段を見ていきましょう!ドリンクの種類によって、それぞれの値段も変わってきます。ここではドリップコーヒーを例にして、サイズごとの値段を並べていきます。

  1. ショート(Short)240ml:350円
  2. トール(Tall)350ml:390円
  3. グランデ(Grande)470ml:435円
  4. ベンティ(Venti)590ml:480円

(店内飲食時の税率込み)

比較していくと、サイズが1つ大きくなると、約40~50円ずつ値段が高くなります。

どのサイズが一番お得?

では、一番気になるコスパのお話。どのサイズが一番お得なのでしょうか?先ほど比較したドリップコーヒーを例に100ml当たりの単価を見比べてみましょう!

 

ショート トール グランデ ベンティ
240ml 350ml 470ml 590ml
値段 350円 390円 435円 480円
100ml当たり 146円 111円 93円 81円

 

こう比較してみると、ベンティサイズのお得さがよく分かります。

また、もう一つの見方として、ショートサイズとベンティサイズを比較してみます。

二つのドリンク容量は約2.5倍の差があるのに対して値段の差はなんと130円!

ショートサイズのコスパがあまりよくないことも顕著ですね。

スポンサーリンク

サイズによってエスプレッソの濃さが変わる

スターバックスラテなどが代表的な、エスプレッソビバレッジと呼ばれるエスプレッソが含まれるドリンクは、サイズによってエスプレッソの濃さが異なります

スターバックスでは、専用のマシンでコーヒーのエスプレッソを抽出しています。このエスプレッソは「ショット」と呼ばれ、単位もショットです。1ショットは約30ccです。

スターバックスラテを例に挙げると、ショートサイズとトールサイズにはどちらも1ショット入っています。30cc単位でしか加えることができないので、サイズによってエスプレッソの濃さに違いがでます。

エスプレッソを使用する基本的なドリンクについて、割合を計算してみると、

容量 エスプレッソ量 割合
ショート 240ml 1ショット 30ml 12.5%
トール 350ml 1ショット 30ml 8.6%
グランデ 470ml 2ショット 60ml 12.8%
ベンティ 590ml 3ショット 90ml 15.2%

表から、トールサイズが最もエスプエッソの割合が小さいため、コーヒー感は弱いです。

コーヒーの風味が物足りないなと感じる方は、カスタマイズで1ショット追加がおすすめです

また、2ショット以上追加した方が好みの方はトリプルエスプレッソラテがおすすめ!トールサイズ限定のドリンクですが名前の通り、3ショット入ったコーヒー感強めのドリンクです。

量が多いことのデメリット

ここまでを見ているとベンティ一択なのでは!?

となりそうですが、ここからは量が多いことの3つのデメリットについて見ていきたいと思います。

  • 飲みきる前にぬるくなる/氷が溶ける
  • ハイカロリー
  • カフェインの過剰摂取

飲みきる前にぬるくなってしまう/氷が溶ける

単純な話ですが、量が多いと飲みきるのに時間がかかり、ぬるくなったり、氷が溶けてドリンクの味が薄まってしまいます。

コーヒーは冷めると酸味が目立ったり、特にフラペチーノが溶けてしまうと特有の食感や冷たさがなくなってしまいます。

お得であってもこれは嬉しくないですよね。

ドリップコーヒーやカフェミストを頼まれる方には「ワンモアコーヒー」サービスがおすすめ!当日中であればなんと2杯目が110円で飲めるんです!

ドリップコーヒー(もしくはカフェミスト)を頼むと「ワンモアコーヒー(One More Coffee)」の欄が記載されたレシートがもらえます。

このレシートがあれば、同じサイズ(もしくは1杯目のサイズ以下)のドリップコーヒーをもう一杯、たった110円で購入できます。

ただしここで注意点が1つ。

登録済みのスターバックスカード以外で支払いをされた場合は2杯目の価格は165円になります!

また、カフェミストも165円(もしくは220円)になりますが、ワンモアコーヒーとしても注文ができます。

スタバのおかわり制度!スタバのワンモアコーヒーとは
コーヒーがおかわりできる所って減ってきてますよね。 前は、あのマクドナルドでもホットコーヒーおかわり自由というのをしていたのですが…… 今ではおかわり自由といえば、ミスタードーナッツのコーヒーとカフェオレでしょうか。 しか...
スポンサーリンク

ハイカロリー

ドリップコーヒーを例に見てきましたが、次は甘いドリンクを見ていきましょう。

ちなみに、フラペチーノもドリップコーヒーと同じく、ショートサイズとベンティサイズの価格差は、どれも約140円程度なので、大きいサイズを頼むほどお得になります。

と言えど、甘いものといえばカロリーがつきもの、、

今回は公式サイトの栄養成分情報をもとにサイズごとに比較をしてみました。

単位:kcal S T G V
コーヒーフラペチーノ 170 183 262 337
抹茶クリームフラペチーノ 293 322 457 561
ダークモカチップフラペチーノ 312 341 486 599
キャラメルフラペチーノ 271 302 420 505
バニラクリームフラペチーノ 227 255 357 427
エスプレッソアフォガートフラペチーノ 385 438 643 764
マンゴーパッションティーフラペチーノ 112 140 191 233

比較してみると、どれもベンティサイズのカロリーが。。。

なんと1食分の食事に相当するものも、、、

無脂肪ミルクに変更したり、ホイップクリームやシロップの減量・削除をすることで抑えられる分もあるので要チェックです。

カフェインを取りすぎてしまう

コーヒーが含まれるドリンクにはもちろんカフェインも含まれています。

たっぷり飲みたいけれど、カフェインは控えてるという方には「ディカフェ」のカスタマイズがオススメ(変更には55円かかります)

スタバでは薬品を使わない「CO2 Method(二酸化炭素抽出法)」と呼ばれる方法でカフェインを除去したコーヒー豆をとり扱っています。コーヒーの味わいや風味そのままカフェインを気にせずたっぶり飲むことができますよ。

グランデ?ベンティ?って何語

ショート(Short)は短いという意味

トール(Tall)も高いという意味

と単純な英語なので、なんとなくサイズの関係がつかめると思います。

本文中でもちらっと述べていますが、その先、グランデとベンティは実はイタリア語です。

大きいという意味のグランデ。

20の意味をもつベンティ。実は、イタリアでは㎖ではなくオンス(oz)という単位を使います。このベンティは「20オンス」の20なのす。

実は海外ではベンティサイズより更に大きなトレンタサイズが販売されています。こちらはイタリア語で「30」の意味。

比較するとなんとグランデサイズの約2倍です。自分の顔よりも圧倒的に大きいトレンタサイズ。海外に旅行した際にはぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

なぜイタリア語を使うのか

スターバックスはアメリカの会社ではないか!

なぜイタリア語を使用したサイズ名をがあるのでしょうか?

これは、スターバックのCEOシュルツ氏がイタリアのことを重要に思っているためだと考えられます。じつはエスプレッソ発祥の地であるイタリア。シュルツ氏もイタリアを訪れ、そのコーヒー文化に強く感銘を受けたそうです。

なみに、最近日本でも販売が始まったOleato。これはオリーブオイルとコーヒーを組み合わせたドリンクなのですが、シュルツ氏がイタリアで感銘を受けて生み出されたドリンクです。スターバックスはイタリアとなにかと強い縁があるように感じますね。

タンブラーの容量

ところで、マイタンブラーを持参したことはありますか?

実はタンブラーにドリンクを入れてもらうと、カップ値引きを受けることができたり、しっかり保温や保冷がされるので、より長くおいしさを保つことができたりといいことづくしなんです

実際にスタバで販売されているタンブラーで多いのが

  • トール(Tall)355ml
  • グランデ(Grande)470ml

レジで注文するタイミングで、マイタンブラーを渡しま焦。

この時、フタは外した状態で店員さんに渡しましょう!

実は、持ち込むタンブラーのはスターバックスのものでなくとも、そのタンブラーサイズにピッタリ合うドリンクじゃなくても大丈夫なんです!

紙カップなどの使い捨て資材の削減が目的で行われている取り組みですので気軽に活用してみてくださいね

スタバのドリンクはマイボトルで!メリットや注文方法を徹底解説
スターバックスでドリンク注文をするとき、マイボトルを持参する人が増えてきました。保温・保冷機能のあるボトルなら、飲み頃の温度で持ち運びができるので便利ですよね。 今回は、スタバのドリンクをマイボトルに入れてもらう方法について解説します...
スタバフリーク必見!マイタンブラーにフラペチーノを入れてもらえるって知ってた?
スターバックスでは、ドリンクを入れる容器を持参すると値引きをしてもらえる制度があることをご存じですか?サステナブルな取り組みに積極的な、スタバらしい制度です。 すこしでも安くフラペチーノを飲む方法はないだろうか、、...
スポンサーリンク

まとめ

日本のスタバには4種類のサイズがあり

ショート → トール → グランデ → ベンティ と大きくなっていきます。

大きいサイズほどお得ではありますが、是非おいしく飲みきれるサイズで楽しんでくださいね。

スターバックスって聞きなれないカタカナばかり、人も多くてなんだか注文って緊張したり、、

わたしは店員になってからこそ思うのですが、サイズでもカロリーでもなにか迷うときはぜひぜひ相談してみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました